私自身、今のパートナーと出会い、インド古来のタントラにもめぐりあったことから、性生活の大転換を体験しています。そんな中で、女性としての癒しを味わい、自分のからだを本当に愛せるようになるにつれ、真に自分の心にかなった人生を生きる力が湧いてくるのを感じています。そして、同じ仲間の女性たちが自分の力の源であり聖域であるヨーニ〜女性の陰部をさす梵語です〜とつながり、一人一人独自の美しさに輝き、生き生きと喜びをもって生きてゆくお手伝いをさせて頂ければ、という願いが生まれました。

ヨーニマッサージは、女性のパワーの根源に直接働きかけて(再)統合する可能性を秘めており、女性たち自身の自己治癒能力を活性化するツールでもあると感じています。

 

沢田麻理

 

 

プロフィール:

子供時代の一部をドイツで過ごし、上智大学修士課程前期卒業後ドイツへ移住。

ケルン日本文化会館、NRW州立言語研究所ヤポニクムで日本語講師として働いた後、出産のため休業。

出産子育てをする間、イギリスの通信大学で心理学の学位を取得し、シュタイナー教育の教師養成を受け、クラス担任、音楽、治癒教育の教師の資格を取得。

障害児と健常児が共に学ぶシュタイナー学校でクラス担任として8年間勤めた後、自分が本当にしたいことは何なのか、あらためて見つめ直す期間をとり、ヨーニマッサージ師と性に関するカウンセラーの勉強をし、開業。女性の性に関する講演、コミュニケーションや女性性のワークショップ、女性の会なども開催。